車がある人が個人再生する前に知っておきたい2つのポイント

車を持っている人にとって、個人再生すると車がどうなるかは気になるところだと思います。

個人再生後で車を手放すことになるかどうかは、車のローンが完済しているかによって変わってきます。

また、車を残せる場合でも、車の価値が高すぎると借金を減額してもらえないことがあります。

個人再生するとローン完済前の車は手放すことになる

個人再生は裁判所を通す法的な手続きとなるため、どの借金も平等に整理しなければならないという決まりがあります。

ですので、自動車ローンを払い終わっていない車を持っている状態で個人再生すると、必ず自動車ローンも整理されるため、車がローン会社に引き上げられてしまいます。

なお、車を残したいからといって個人再生前に自動車ローンの残額を一括返済すると、平等性を欠く行為とみなされ、個人再生が却下されることがあります。

また、個人再生前に自動車の名義変更をする行為も、財産隠しとみなされて個人再生が認められない可能性がありますので注意してください。

車の価値が高すぎると個人再生で借金を減額してもらえない

自動車ローンを払い終わっている車であれば、個人再生で回収されたり売却されたりすることはなく、手元に残しておくことができます。

ただし、個人再生には「清算価値保障の原則」というルールがあり、最低でも持っている財産をお金に替えた場合の価格分は返済しなければなりません。

例えば、同じ300万円の借金がある人でも、財産が何もない人は返済額が100万円になりますが、120万円の車を持っている人は120万円までしか借金を減額してもらえません。車の価値が300万円以上の場合は、まったく借金を減額してもらえないということになります。

このように、車の価値によっては個人再生をする意味が薄れたりなくなったりしてしまうことがあります。

まとめ

自動車ローンが残っている車の場合、個人再生すると自動車ローンが整理されるため、車がローン会社に引き上げられることになります。

自動車ローン完済後の車であれば手元に残しておくことができますが、車の価値によっては借金の減額が小さくなったり、まったく減額してもらえなくなったりするので注意が必要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です