個人再生に必要な条件はたった2つ!

個人再生をすると、利息カットだけでなく借金の元本も減額してもらえるという大きなメリットがあるため、「個人再生には厳しい条件があるに違いない」と思ってしまう人もいます。

しかし、個人再生の条件は「将来にわたって収入が見込めること」「借金額が5000万円以下であること」の2つだけです。

ここでは、個人再生の2つの条件について説明していきます。

個人再生の条件は将来にわたって収入が見込めること

個人再生では元本を大幅に減額してもらうことができますが、減額してもらった元本を3~5年で返済していく必要があるため、将来にわたって継続的に収入が得られる見込みがないと個人再生を行うことができません。

無職であったり、収入が不定期・不安定だったりすると、きちんとした返済プランを立てられないため、個人再生が認めてもらえなくなってしまうのです。

ただし、継続的・反復的に収入を得られるのであれば、アルバイトやパート、フリーランスといった勤務形態でも大丈夫です。正社員でないと個人再生できないというわけではないので、安心してください。

借金が5000万円以下であることも個人再生の条件

個人再生のもう一つの条件は、借金額が5000万円以下であることです。

個人再生について定めた「民事再生法」という法律によって、5000万円を超える借金は個人再生できないと明確に規定されているので、借金額が5000万円を超える場合は自己破産を選択することになります。

なお、借金額が100万円以下の場合は借金が減額されないので、個人再生を行ってもほとんど意味がありません。この場合は、デメリットが少なく手続きも楽な任意整理を利用したほうがよいでしょう。

まとめ

個人再生では減額してもらった借金の元本を3~5年で返済しなければならないため、返済の見込みが立つだけの収入が得られなければ個人再生はできません。

ただし、継続的に収入が得られるのであれば正社員でなくても構いません。アルバイトやパート、フリーランスでも個人再生できる可能性はあります。

なお、個人再生で整理できる借金は5000万円までと法律で決められています。また、100万円以下の借金は個人再生では減額してもらえません。

5000万円以上の借金には自己破産、100万円以下の借金には任意整理を利用するとよいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です