個人再生委員とは?費用や面談など気になるポイントを解説!

個人再生について調べているときに、個人再生委員という聞きなれない単語を見かけたことはありませんか?

面談があったり費用がかかったりと、ちょっと厄介に思えるかもしれません。

ここでは、個人再生でお世話になることがある個人再生委員について、気になるポイントを解説していきます。

そもそも個人再生委員とは何か

個人再生は裁判所に申し立てをして借金を減らしてもらう手続きですが、場合によって「個人再生委員」とよばれる弁護士が選ばれることがあります。

個人再生委員とは、裁判所の代わりに本人の財産や収入をチェックしたり、個人再生で特に重要な借金の返済計画である「再生計画案」についてアドバイスや指示を出したりします。

個人再生委員の費用とは

個人再生委員がつく場合、選ばれた個人再生委員に報酬(予納金)を支払う必要があります。

個人再生委員の報酬は15万円~25万円程度と、安くはありません。

個人再生委員は東京地方裁判所の場合は必ず選ばれることになりますが、他の裁判所ではついたりつかなかったりします。

まず、弁護士や司法書士に依頼せず自力で個人再生をしようとすると、必ず個人再生委員がつきます。

逆に、弁護士に依頼して個人再生を行うときは、借金額や財産の金額が特に大きい場合を除くと、個人再生委員はつかないことがほとんどです。

なお、司法書士に依頼した場合はケースバイケースで個人再生委員がつけられます。

個人再生委員とは面談がある

個人再生委員が選ばれた場合、必ず個人再生委員との面談が行われます。その際、自分で依頼した弁護士なども同席してくれます。

個人再生委員との面談では、申し立て時に提出された書類や本人の家計の状況などについて質問されます。

特に、収入を維持できる見込みはあるか、支出が増える可能性はあるかといった質問が多いので、正直に答えるようにしてください。

なお、面談時の服装については、スーツなどを着用しなければならないといった決まりはなく、社会人として常識的な落ち着いた服装であればOKです。

まとめ

個人再生委員とは財産や借金の状況チェックや再生計画案についてのアドバイスなどを行う役割をもつ弁護士で、個人再生委員がつく場合は15万円~20万円の費用がかかります。

個人再生委員がつく場合は必ず面談が行われ、本人に対して借金や財産、収入と支出に関する質問がされますので、正直に説明してください。

面談時の服装は社会人として常識的なものであれば大丈夫です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です