個人再生とは借金の元本を減額してもらえる債務整理

借金の返済が苦しくなったら、個人再生をすれば元本の減額を受けることができます。

個人再生で減額してもらえる借金の金額とは

個人再生では、裁判所に申し立てを行って借金の元本を減額してもらい、それを3~5年かけて返済していくという債務整理です。個人再生で減額してもらえる借金の金額は借金の総額ごとに以下のように決められています。

借金額100万円以下:借金額の全額
借金額100万円~500万円:100万円
借金額500万円~1500万円:借金額の5分の1
借金額1500万円~3000万円:300万円
借金額3000万円~5000万円:借金額の10分の1
借金額5000万円以上:個人再生できない

また、家や車などの財産がある場合は、財産をすべてお金に替えた時の価値と同じだけの金額は最低でも返済しなければならないという「清算価値保障の原則」があります。つまり、同じ借金額500万円の場合でも、財産が何もなければ返済額は100万円で済みますが、150万円の車がある人は150万円を返済しなければならず、1000万円の土地がある人は借金を減額してもらえないということになります。

個人再生のデメリットとは

個人再生は裁判所を通して行う法的な手続きなので、すべての借金を同じように整理しなければならないというルールがあります。そのため、保証人付きの借金がある人が個人再生すると、保証人付きの借金が整理されることで保証人に借金の残高が一括払いで請求されることになり、迷惑がかかります。また、個人再生は減額してもらった元本を3~5年で返済できるだけの収入が継続的に得られる人でなければ認めてもらえません。仕事はパートやアルバイトでも構いませんが、将来にわたって繰り返し収入を得る見込みが必要だということです。

個人再生のメリットとは

個人再生には「住宅ローン特則」という制度があり、住宅ローンが残っている家を残して借金を整理できます。住宅ローン特則が利用できるのは、本人が所有していて(親などとの共有でもOK)、今現在本人が住んでいる家に限られます。その他にもいくつか条件があるので、利用したい場合は弁護士や司法書士に相談するのがよいでしょう。

まとめ

個人再生を行うと、借金の元本を5分の1程度に減額してもらうことができ、返済期間も3~5年の長期にしてもらえます。ただし、個人再生をすると保証人に借金の残高が一括請求されるので注意が必要です。また、返済を確実に続けていけるだけの収入がなければ個人再生はできません。パートやアルバイトでもいいので、将来にわたって継続的に収入を得られる見込みを立てましょう。なお、任意整理では住宅ローン特則というシステムを利用することで、ローン完済前の持ち家を残すことができます。

埼玉・大宮の債務整理に強い弁護士事務所